2017/10/1 級審査

子供達が日頃の稽古の成果を見せる日。

集合時間前に集まった子供達は、緊張した様子もなく、バッタを捕まえていたりとちょっとだけほのぼのしていました。


会場に入り、みんなで審査前に準備運動。

なんだか城剣の子達だけがニコニコしながらやっているのを見て、楽しくやるのも大事だな〜と呑気に思っていました。





が、開会式が終わってからはみんな真剣な表情。

子供といえど、やはり自分との戦い、真剣です。



最初は形。

開会式のとき、級の審査は落とすためのものではなく、日頃の稽古の成果を見るものであるとのお話がありました。

日頃一生懸命稽古をしていても、普段から使い慣れない木刀での審査はやはり緊張が漂います。




張り詰めた空気の中、カッコよく成果を発揮できているのを見て ホッとしたのもつかの間、すぐに実技へと移ります。


緊張で体が動かないかな?声が出ないかな⁇と心配していましたがそんなこと無用でした。


いつも楽しく稽古をしている城剣ですが、ここぞという時はコツコツ積み上げたものが爆発します。


それぞれの個性が出た立派な実技を見せてもらいました。




1つづつ階段を登ると、自分の自信にもなります。

今回合格したみんなはきっと今後の稽古も自信を持って、もっと自分に磨きをかけていかれることと思います。


次回からの稽古がまた楽しみです。





子供のうちから、自分との戦うことを学べるのはとても有益だと感じます。

子供のうちから習えるものは沢山ありますが、色々やってきた大人から見ても、剣道を通して学べることは、ただ剣術ができるということではなく、自分に負けない心、戦い続ける心、人を思いやる心、礼儀、作法など多くの実りの種を得られるものだと思います。


お子さんがもし剣道に興味を示しておられるような時には是非触れさせていただきたいと思います。

城山剣友会

城山剣友会は相模原市の北部にて40年以上活動しています。剣道を通じて人生を豊かにしたい方、子供達に大切なことを学ばせたい方、稽古時間内であればいつでも見学可能ですので、一度のぞいてみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000